昨日、南生協病院にて、福祉有償運送に関する、実務管理者講習会を開催しました。


最初に、中部運輸局 愛知運輸支局の小田様より

福祉有償運送に関する法令順守についてお話いただきました。

運輸支局への届け出や報告について、書類を提出するケースやしなくて良いケースなど

迷ったときは、直近の届出をした後、体制に変化があったら届けて欲しいと言われていました。


続いて、有限会社サンライズの佐藤様より

福祉有償運送に必要な保険についてお話しいただきました。

自動車保険だけではなく、施設賠償保険も必要なケースがあると教えていただきました。


その後、南生協病院の長田医師からは、運転手の健康管理についてお話しいただきました。

運転中に意識消失が起こってしまうとどうすることもできない場合が多い、

事前にこんな症状が出ていないか、事前症状からの予防方法を教えていただきました。


当法人のインストラクターである朝倉からは、安心・安全な運転として、

5つのポイント

小柄な方(158センチ以下)、点検、連絡、消毒、ヒヤリハットとACT

を中心にお話しました。


最後に、当法人理事の諫山より、

福祉有償運送を継続する為の諸問題について

皆様にご協力いただいたアンケート結果を交えながらお話した後、参加者の方とディスカッションを行いました。


お越しいただいた方々、ありがとうございました。

これからも、移動ネットあいち は皆様に安心と安全の提供ができるよう、

そして、ご期待に応えられるよう、尽力していきます。

移動ネットあいち

会員の皆様へ

 

先にご案内いたしました「福祉有償運送実務管理者研修会」の中で、

「福祉有償運送を継続する為の諸問題」と題し

福祉有償運送の現状を、当法人理事の諌山が発表する予定です。

 

そのため、少しでも皆様のご意見を反映するため、

福祉有償運送に関するアンケートを実施いたします。

 

皆様のご協力を、お願い申し上げます。

 

アンケート用紙

ご案内

 

福祉有償運送を行なっている団体へ昨年末、中部運輸支局より福祉有償運送チェック表が送られてきました。

「安心・安全」の運行管理について考えるため、実務管理者研修を開催いたします。

皆様のご参加を、お待ちしております。

 

日 時:2017年3月3日(金)13:00〜17:00

会 場:南医療生活協同組合「総合病院南生協病院」3階会議室A
    名古屋市緑区南大高2丁目204番地
    JR 南大高駅下車徒歩3分
対象者:愛知県下のNPO 移動ネットあいち会員「福祉有償運送実務管理者」・50 名
参加費:1団体:2,000円(当日、現金にてお支払いください)

現在、中部運輸局総務部より
運輸安全マネジメントセミナーのご案内が、福祉有償運送を行っている団体へ送られているようです。

先日の総会でもお話しましたが、総務省による中部運輸局への指導を受けての、法令順守強化と思われます。

会員団体の皆様も、可能な限りご参加いただきますよう、よろしくお願いいたします。

 
本日、第12回通常総会が無事終了し、すべての議案につきまして、承認可決いただきました。お越しいただきました方々、また委任状をお出しいただきました方々、ありがとうございました。



総会の中では、先日の日経新聞の記事についても説明がありました。中部運輸局へ記事を持って訪問したところ、特に会員団体へ周知するようなことはなく、運営協議会の運営方法についての事だったようです。今の所、大きな動きはなさそうでした。



本年度も 移動ネットあいち は、ご利用者に安心と安全、そして安定したサービス提供が行えるよう尽力したいと思います。


第二部の記念フォーラムでは、
南医療生協 大野京子常務理事、松下繁行常務理事より「まちづくりと地域包括ケアの生活支援サービス」について、当会理事で なごや福祉ネット 理事長 水野千恵子氏よりは「介護保険事業と生活支援サービスの違い」について、そして当会元理事長 渡部勝氏より「福祉有償運送と生活支援サービスの移動サービスの違い」についてお話しいただきました。



先進的な取り組みの紹介や、現状の整理、今後考えられる課題・問題点など、様々な情報を提供いただきました。
お話いただきました、四人の方々、ありがとうございました。


最後にお知らせです。
6月8日(水)に、理事長と数人の理事で国土交通省へ訪問する予定です。
総合事業の移動サービスについて、意見交換を行います。
新たな情報が入りましたら、皆様へご報告させていただきたいと思います。